施設概要

愛称『白翔館』(はくしょうかん)について

『白翔館』という愛称には,
「白鳥が羽を広げて羽ばたいているように見える外観を持つセンターを拠点として,多くの研修医が医師として飛び立って行ってもらいたい」
という思いが込められています。
地域医療支援センターが山口県内の臨床研修医のネットワークの拠点として,山口県内の研修医や附属病院職員の皆さんから親しまれるセンターとなるよう,山口大学教職員,学生を対象とした愛称公募を行い,64件の応募から選定されました。

地域医療教育研修センターの目的

山口県内で臨床研修を行う研修医の皆さんが充実した臨床研修を行える研修医のための専用施設として,安心・安全・快適な環境を提供し,『地域医療マインド』を持った優れた医療人の育成を支援します。
山口大学医学部附属病院から徒歩3分の恵まれた立地条件を研修医生活の拠点として,ぜひ活用してください。

施設概要

  • 病院敷地内(病院から徒歩3分)
  • オール電化 ワンルームタイプ 50室 【自習室A(家具無し) 37室,自習室B(家具付き) 13室】
  • ゲストルーム 2室
  • 研修室 : 120型スクリーン(前後に2面),プロジェクタ,スピーカーシステム,OAフロア(学内LAN),可動間仕切,スタッキング椅子30脚,可動机
  • 図書ミーティング室 : OAフロア(学内LAN)
  • 談話室 : 大型テレビ,ソファ,テーブル,学内LAN
  • 駐輪場:屋根付き
  • エントランス : オートロック,インターフォン,宅配BOX

山口大学医学部附属病院地域医療教育研修センター
〒755-0068 山口県宇部市東小串1-1-29
TEL:0836-22-2050(経営管理課契約第3係)

管理運営規則はこちら

    ・入室申請書

    ・退室届

    ・一時退室届

    ・ゲストルーム使用申込書

『白翔館』 紹介パンフレットはこちら

小串団地(東小串エリア)


1階配置図